石原建設の、工法紹介です。お気軽にお問合せ・ご来店下さい。



■強梁・剛床工法
「床が強いと横揺れに強い」その実証。

当社の床パネル工法の特長の一つが、2・3階床面の構造を頑丈にした「強梁・剛床工法」。床構造が弱いと、水平力が加わった際、構造体に揺れが均一に伝わらず、耐力を発揮する事ができません。強梁・剛床構造では、根太と梁とを一体化し、さらに構造用合板を全面に貼った強固な床構造。水平力に対し床面が一斉に抵抗する事で建物全体に力を分散し、高い耐震性を発揮します。又、床面の防音性・断熱性も向上させています。
●一般的な転がし根太

一般的な工法では根太を梁の上に置いていくので、根太の上に乗せる合板と梁の間に、隙間が空いてしまいます。このため、地震の力が水平方向から伝わった場合、構造体に揺れがバラバラに伝わり、耐震力が弱くなってしまうのです。
●「強梁・剛床工法」の場合

「強梁・剛床工法」の一番大きな特長は、梁のなかに根太を落とし込んでいく点。これにより構造用合板の乗る面が平らに仕上がり、地震の力が水平方向から伝わった場合に耐震力を発揮します。さらに、当社では、3尺の格子状に張り廻らされた梁に根太を渡すため、より頑丈な床に仕上がります。




▲BACK     ▼HOME